ミシマサイコという薬草を知っていますか!
相模原柴胡の会
(Sagamihara Saiko Association)
(いにしえ)より伝わりし「柴胡が原(さいこがはら)」とミシマサイコ!
相模原市域は明治時代以前には相模野台地と云われる広大な原野が広がり、そこにはミシマサイコの群落地が所々に存在して「柴胡が原」と云われ、夏には一面に黄色いミシマサイコの花が咲き、秋には貴重な薬草(根の部分が漢方生薬・柴胡の原料)として採取されていました。
現在では都市化による環境変化により「柴胡が原」と云われるような場所はなくなり、ミシマサイコも絶滅危惧種となって、相模原市及び神奈川県では全く見られなくなってしまいました。 古の 柴胡の原よ 夏の空 (若井)
「相模原柴胡の会」は相模原市においてミシマシコの育成・栽培を行うとともに、ミシマサイコの啓発普及活動を行っています。
相模原柴胡の会ホームページ内の記事を検索して見ることが出来ます
検索結果の画面を消去するには検索画面の右上の×印をクリックする
「相模原麻溝公園オータムフェア2022」に出展して
相模原柴胡の会の活動紹介とミシマサイコの資料展示をしました。
相模原麻溝公園では10月23日にオータムフェアが行われ、「相模原柴胡の会」も柴胡展示ブースを出展して、「相模原柴胡の会」の活動やミシマサイコ周知のプロモーション活動を行ないました。
麻溝公園のオータムフェア開催当日は周辺の施設や大学でもイベントが開催された事もあって、多くの来場者がありました。
柴胡の会の展示ブースでは「相模原柴胡の会」の活動紹介の展示とミシマサイコ の資料や写真などの展示、柴胡漢方関係の展示、柴胡花しおりの販売、模擬店でのベビーカステラの実演販売などを行いました。
ベビーカステラの調理では腕に自信のある会員が衛生面に配慮しながら行ない、美味しく調理できた事もあり、販売では100人以上の方に購入して頂き、途中で売り切れとなるほど盛況でした。
当日は珍しく天気が良くて多くの来場者があり、「相模原柴胡の会」とミシマサイコについて相模原市民に知って頂く良い機会となりました。
オータムフェア・柴胡ブース (拡大写真)オータムフェア・柴胡ブース (拡大写真)
麻溝公園オータムフェア・全体の様子麻溝公園オータムフェア・全体の様子
2022年11月01日掲載
「サイコフェア2022」を開催しました。
相模原麻溝公園にて8月21日(日)に「サイコフェア2022」を「相模原柴胡の会」主催にて開催しました。
サイコフェアは前々年、前年と新型コロナウイルス感染症の拡大により、2年連続で開催中止となり、コロナウイルス感染症の拡大はまだまだ続いている状況でしたが、相模原市並びに相模原麻溝公園様のご協力により、コロナウイルス感染症対策を万全に施した上で、3年振りに開催することが出来て、多くの相模原市民の方々に参加して頂きました。サイコフェアは麻溝公園 管理事務棟展示室と事務所棟前のセンター広場にて以下のイベントを行い、市民の皆さんへの「相模原柴胡の会」の活動アピールと「ミシマサイコ」の普及啓発活動を行うことができました。  
「サイコフェア2022」のチラシを見る。
サイコフェア2022 イベント内容(AM9時~PM3時)
ミシマサイコ講習会薬草ミシマサイコを知っていますか!、ミシマサイコを育ててみよう!
ミシマサイコ関係展示ミシマサイコの資料や写真の展示、ミシマサイコ鉢植え品展示
相模原柴胡の会活動展示「相模原柴胡の会」の活動状況を紹介
柴胡漢方生薬説明展示柴胡漢方生薬関連資料の展示、柴胡茶の試飲、他
和太鼓の演奏&体験「柴胡會・和心太鼓」さんによる勇壮な和太鼓の演奏と和太鼓体験
けん玉の実演&体験「けやきの会」さんの会員によるけん玉の実演と体験
福祉施設・グッズ販売福祉施設「相模原ななほし」さんのグッズ販売
野菜・卵等の販売農業体験施設&レストラン「モナの丘」さんの野菜や卵の販売
ベビーカステラの販売相模原柴胡の会の模擬店でベビーカステラを販売
ミシマサイコ講習会の状況
ミシマサイコ講習会を麻溝公園の管理事務棟・展示室でAM10時から12時まで開催しました。ミシマサイコ講習会では相模原柴胡の会の福田と奥江が講師を務め、前半は福田が植物としてのミシマサイコとは何かやミシマサイコと相模原市との歴史的背景やミシマサイコの現状などについて詳しく解説しました。後半は奥江講師がミシマサイコの育て方について詳しく解説しました。
また、講習会には本村相模原市長と河崎健康福祉局長に来賓としてご出席して頂き、河崎健康福祉局長には講習会の冒頭でご挨拶いて頂き、本村相模原市長には講習会の途中でご挨拶をして頂きました。
新型コロナウイルス感染症の蔓延する中での開催でしたが、講習会には14人の方が参加されて、皆さん熱心に聞いて頂き、ミシマサイコについて知識を深めて頂けたと思います。これにより、ミシマサイコの啓発普及活動に賛同して、参加して頂ける方が増えるのを期待しています。講習会終了後には全員にミシマサイコの苗を配布しました。自宅で栽培して頂ければ、来年には自宅でミシマサイコの花が咲くのを期待できます。
ミシマサイコ講習会の様子河崎健康福祉局長の挨拶 (拡大写真)
本村相模原市長の挨拶 (拡大写真)本村相模原市長の挨拶 (拡大写真)
ミシマサイコ講習会の講師・福田ミシマサイコ講習会の講師・奥江
センター広場イベントブースでのイベント状況
サイコフェア2022当日の朝は雨模様でしたが、昼前後からの天候の回復に伴い、来場者が大幅に増えて和太鼓の演奏時には周りに来場者の円陣が何重にもできるほどになりました。
イベントブースには相模原柴胡の会の出展だけでなく、協力団体・会社の協力を得て、和太鼓の演奏と体験、けん玉の実演と体験、野菜の販売、グッズの販売、ベビーカステラの販売、鈴虫の販売等を行い、公園来場者に関心を持ってもらえるように工夫して運営しました。特に和太鼓の演奏では公園中に勇ましい音が鳴り響くことにより、来場者が増えたと感じました。それに伴い、ミシマサイコ関連展示への来場者も増えて、ミシマサイコの広報、普及啓発の効果が現れたと感じています。
サイコフェア2022には本村相模原市長と河崎健康福祉局長にもご来場して頂き、各イベントブース見学して頂き、「ミシマサイコ」と「相模原柴胡の会」のアピールを行いました。
サイコフェア2022の推定来場者数は1500人程度でなかったかと推測しています。
イベント会場全体 (拡大写真)イベント会場全体 (拡大写真)
勇壮な和太鼓の演奏 (拡大写真)勇壮な和太鼓の演奏
けん玉の実演と体験 (拡大写真)相模原柴胡の会の活動状況の展示
市長もけん玉に挑戦 (拡大写真)鈴虫の販売もしました
野菜販売ブース相模原柴胡の会の出展イベントブース
協力団体の出展イベントブース市長と記念撮影 (拡大写真)
サイコフェア2022は相模原柴胡の会主催で、相模原市 高齢・障害者福祉課 様、相模原市環境経済局 公園課 様、相模原市立相模原麻溝公園 様のご協力を頂いて開催しました。
ミシマサイコ講習会は相模原市後援事業です。 相模原市担当部署 高齢・障害者福祉課 様
ミシマサイコ講習会はゆめの芽助成金交付事業です。 助成金交付法人 市民ファンドゆめの芽 様
2022年09月01日掲載
トップに戻るトップに戻る柴胡の会 活動案内柴胡の会 活動案内前のページに戻る前のページに戻る
相模原柴胡の会 イベント(更新 2022.11.01)
相模原柴胡の会 ツイッター

相模原柴胡の会 活動(更新 2022.09.01)
相模原柴胡の会 YouTube動画

YouTubeで見る (更新 2021.07.01)
ミシマサイコ 花のアルバム (更新 2022.03.01)
ミシマサイコ(三島柴胡)の花

ミシマサイコ(三島柴胡) 花のアルバム

モナの丘柴胡育成園

モナの丘柴胡育成園

モナの丘柴胡育成園

モナの丘柴胡育成園

モナの丘柴胡育成園

モナの丘柴胡育成園

下溝石碑前柴胡花壇

下溝石碑前柴胡花壇

下溝石碑前柴胡花壇

下溝石碑前柴胡花壇

下溝石碑前柴胡花壇

下溝石碑前柴胡花壇

下溝石碑前柴胡花壇

下溝石碑前柴胡花壇

下溝石碑前柴胡花壇

下溝石碑前柴胡花壇

モナの丘柴胡育成園

モナの丘柴胡育成園

モナの丘柴胡育成園

モナの丘柴胡育成園

モナの丘柴胡育成園

モナの丘柴胡育成園

下溝石碑前柴胡花壇

下溝石碑前柴胡花壇

下溝石碑前柴胡花壇

下溝石碑前柴胡花壇

麻溝公園柴胡花壇の花

ミシマサイコの花

麻溝公園柴胡花壇の花

ミシマサイコの花

麻溝公園柴胡花壇の花

ミシマサイコの花

麻溝公園柴胡花壇の花

ミシマサイコの花

ミシマサイコの花

ミシマサイコの花

ミシマサイコの花

ミシマサイコの花

ミシマサイコの花

ミシマサイコの花

ミシマサイコの花

ミシマサイコの花

下溝石碑前柴胡花壇

下溝石碑前柴胡花壇

下溝石碑前柴胡花壇

下溝石碑前柴胡花壇

下溝石碑前柴胡花壇

下溝石碑前柴胡花壇

麻溝公園柴胡花壇の花

麻溝公園柴胡花壇の花

麻溝公園柴胡花壇の花

麻溝公園柴胡花壇の花

ミシマサイコ(三島柴胡)の花

ミシマサイコ(三島柴胡) 花のアルバム

◎ 左側の写真は左下部を、右側の写真は右下部を、クリックやドラッグ(タップやスワイプ)すると、「写真をめくる」ように裏側の写真を次々とゆっくり見ることができます、写真は20枚以上あります。
ミシマサイコ 動画1(下溝石碑前柴胡花壇)
(更新 2021.09.01)
ミシマサイコ 動画2(モナの丘柴胡育成園)
(更新 2021.09.01)
トップに戻るトップに戻る「柴胡の会」の紹介「柴胡の会」の紹介前のページに戻る前のページに戻る
タウンニュース・南区版にミシマサイコと柴胡の会の記事が掲載されました
タウンニュース・南区版の8月11日号に「ゆかりの花に光をあてる」と云うタイトルで、ミシマサイコの紹介や相模原柴胡の会紹介の記事が掲載されました。
記事内容は「相模野台地=柴胡が原」、「歴史と文化の象徴に」、「サイコフェア開催」と云う項目でミシマサイコと相模野台地と柴胡が原についての紹介や相模原柴胡の会の活動とサイコフェア開催について紹介して頂いています。
「相模原柴胡の会」はミシマサイコの育成・栽培と同時にミシマサイコの市民への啓発・普及を主な活動としていますので、今回タウンニュース・南区版に紹介記事を掲載して頂いたことにより、「相模原柴胡の会」の活動と「相模原柴胡」を相模原市南区の皆さんに広く知っていただく良い機会となりました。また、これを機に「相模原柴胡の会」の活動を知り、我々の活動に参加して頂けることを期待しています。
2022年09月01日掲載
相模原市「生物多様性ポータルサイト」に登録しています
相模原柴胡の会では相模原市が推進する生物多様性の普及啓発やその達成に取り組むために制定している「生物多様性ポータルサイト」に登録しています。
 詳細はこちらをご覧ください。
相模原市では生物多様性ポータルサイトを運営するとともに、地域の生物多様性を保全し、その恵みを将来にわたり享受する社会を実現するために、生物多様性の保全を推進する活動を行なっています。
生物多様性ポータルサイト
相模原市担当部署 水みどり環境課
2022年01月10日掲載
広報さがみはら 7月15日号に相模原柴胡の会の紹介記事が掲載されました
相模原市が発行している「広報さがみはら」7月15日号のみなみ区版(11ページ)に「ミシマサイコ」と「相模原柴胡の会」の紹介記事が掲載されました。
今回の「広報さがみはら」みなみ区版は11ページの下半分のスペースで、その全部を使って「ミシマサイコ」と「相模原柴胡の会」の紹介記事を掲載して頂きました。

 詳細はこちらをご覧ください。
相模原市担当部署 南区役所 区政策課 様
相模原市「広報さがみはら7月15日号」ホ-ムペ-ジアドレス
2021年7月22日掲載
Facebookに「相模原柴胡の会ページ」を開設しました
相模原柴胡の会の活動状況を紹介するFacebookの「相模原柴胡の会ページ」を開設しました。Facebookの「相模原柴胡の会ページ」では相模原柴胡の会の最新の活動をアップしていきたいと思っています。
スマホで見る場合は右のQRコードをスマホのQRコードリーダーで読み取れば、Facebook「相模原柴胡の会ページ」が開きます。パソコンでは下のリンクをクリックすれば「相模原柴胡の会ページ」が開きます。
Facebook「相模原柴胡の会ページ」
2021年12月01日掲載
YouTubeに「相模原柴胡チャンネル」を開設しました
相模原柴胡の会の活動状況を動画で紹介する「相模原柴胡チャンネル」をYouTube に開設しました。同時にこのホームページ上でもYouTube 相模原柴胡の会の動画が見ることが出来るようにYouTube動画ボックスを掲載しました。 右のYouTubeアイコンをクリックすると動画が見れます(動画上のマークをクリックする)。
相模原柴胡の会の活動状況を紹介する動画はまだ始めたばかりでまだ数本しかありませんが今後順次追加していく予定です。

Youtube「相模原柴胡チャンネル」
2021年01月11日掲載
トップに戻るトップに戻る柴胡の会 活動報告柴胡の会 活動報告前のページに戻る前のページに戻る
相模原柴胡の会が管理しているミシマサイコの由来
相模原市内で最後に自生のミシマシコが見られたのは1955年(昭和30年)頃までで、それ以降は自生のミシマサイコは確認されていません。現在では薬用植物ミシマサイコの自生種は絶滅危惧種Ⅱに指定されています。
相模原市では1967年(昭和42年)にミシマサイコの探索を専門家に依頼して行い、丹沢・塔ノ岳でミシマサイコの自生種を発見してその種を採取して持ち帰りました。その種からミシマサイコを栽培しましたが、時代の流れとともに廃れてきました。相模原市では2004年(平成17年)に当時の小川市長がそのミシマサイコの子孫を相模原麻溝公園に移植され、相模原麻溝公園で細々と管理されることになりました。
相模原柴胡の会では2017年(平成29年)からその管理の委託を受けて、ミシマサイコの育成・栽培に努め、その種を採取してミシマサイコの増殖に励んで、栽培場所を増やしてきました。
 このように相模原柴胡の会で管理している柴胡花壇のミシマサイコは昔、「柴胡が原」と云われていた相模野台地近辺の山地に自生していた野生種の種から歴史的経過を経て継続して育成・栽培しているミシマサイコです。 一般に生薬・柴胡の生産栽培用に管理・育成されているミシマサイコではありません。
2020年3月1日掲載
ミシマサイコの相模原地域ブランド名 「相模原柴胡」 について
相模原柴胡の会では当会が管理している柴胡花壇や柴胡育成園で栽培している
ミシマサイコやそれから採取されたミシマサイコの種及びその種から育成されたミシマサイコを相模原地域ブランド名として以下の名称とすることにしました。
「相模原柴胡」 (読み名 「さがみはらさいこ」)
今後、相模原柴胡の会では相模原市民の皆さんに配布するミシマサイコの苗や種はこの地域ブランド名を付けて配布させていただきます。
市民のみなさまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
2020年3月1日掲載
ミシマサイコの育成で一緒に楽しい汗を流してみませんか!
相模原市やその近郊にお住まいの方で
ミシマサイコの育成や普及活動に参加して頂ける会員を募集しています!
相模原柴胡の会への入会希望の申し込みは
このページの下部にある「入会希望フォーム」でお願いします。
2020年3月1日掲載
薬草ミシマサイコの啓発・普及活動にご協力頂ける企業の賛助会員について
近年、日本の社会においても企業の社会的貢献活動や環境保護活動がその企業のイメージアップや企業の社会的評価の一つとして見直されてきています。
企業において社会的貢献活動や環境保護活動として具体的にどのようなことを行うかは各企業の目指すところによって様々な模索がなされるようになってきました。 企業の規模により世界的な展開や日本全国での展開など色々な活動を行うところもありますが、企業の中には地域に根付いた社会的貢献活動や環境保護活動を展開しているところも増えてきています。
 相模原柴胡の会ではこのような社会的な背景をもとに、相模原地域での活動について有志の企業様と相模原市古来の薬草植物であるミシマサイコの啓発・普及活動を協力して取り組んでいきたいと考えています。
相模原市古来の薬草植物であるミシマサイコの啓発・普及活動を社会的貢献活動や環境保護活動の一環として、ご協力・支援して頂ける企業様がありましたら、ご連絡いただければ幸いです。
あなたの企業のイメージアップや企業の社会的評価の高揚に寄与できるものと考えております。
このページの下部にある「賛助会員フォーム」でお願い致します。
2020年4月01日掲載
準備中です。
準備中です。
トップに戻るトップに戻る主な活動予定主な活動予定前のページに戻る前のページに戻る
相模原柴胡の会では市民向け啓発・普及活動として、毎年以下の活動とイベントを行っています。
ミシマサイコの育成・栽培 1年間を通して行っています
育成・栽培場所 モナの丘柴胡育成園、柴胡陸橋命名碑前柴胡花壇、麻溝公園柴胡花壇、その他
ミシマサイコの啓発・普及活動の一環として、市民の皆さんにミシマサイコを鑑賞して頂くとともに、苗や種を配布することも行っています。
花の咲く時期は7月~8月です。
主催 相模原柴胡の会
ミシマサイコ講習会 場所 相模原市内の公共施設 年間3回~4回
ミシマサイコ講習会ではミシマサイコの解説、ミシマサイコと相模原市との関わり、ミシマサイコの育て方、漢方生薬柴胡について、その他関連事項等々を行います。
参加者にはミシマサイコの苗又は種を配布します。
開催予告は広報さがみはら、地域情報誌、ホームページ等で行う予定です。
主催・申し込み先 相模原柴胡の会
サイコフェア 場所 相模原麻溝公園 毎年8月の第4日曜日を予定しています
サイコフェアの内容はミシマサイコ講習会、ミシマサイコの展示、柴胡の会活動状況の展示、ミシマサイコ関連資料の展示、柴胡茶の試飲販売、野菜直売会、植木・花苗の直売会、その他協力団体のイベント等々を行います。
開催予告は広報さがみはら、地域情報誌、ホームページ等で行う予定です。
主催 相模原柴胡の会
柴胡関連史料ページを更新しました
柴胡関連史料に掲載した主な古典史料
「游相日記」 (1831年) (渡辺崋山)
「筑井紀行」 (1814年) (小山田与清)
「古今要覧稿」 (1842年) (屋代弘賢)
「神農本草経」 (西暦112年頃) (中国・神農)
「本草経集注」 (西暦500年頃) (中国・陶弘景)
「本草綱目」 (1578年) (中国・李時珍)
「大和本草」 (1709年) (貝原益軒)
「用薬須知」 (1726年) (松岡玄達)古今要覧稿本草綱目本草綱目啓蒙
「本草綱目啓蒙」 (1805年) (小野蘭山)
2021年10月01日掲載
トップに戻るトップに戻る主なイベント予定主なイベント予定前のページに戻る前のページに戻る
「相模原柴胡の会」 紹介リーフレット
表面
PDFファイルを表示して見ることが出来ます。
裏面
PDFファイルを表示して見ることが出来ます。
「相模原柴胡の会 活動案内」「相模原柴胡の会 活動報告」
「ミシマサイコと相模原」「ミシマサイコ(三島柴胡)とは」
トップに戻るトップに戻る主な活動場所主な活動場所前のページに戻る前のページに戻る
相模原柴胡の会についてのお問い合わせ
相模原柴胡の会についてのお問い合わせはここからお願いします。
お問い合わせは 「問合せ」ボタン をタップして、フォームに入力して送信をお願い致します。
なお、内容によってはご返事できない場合がありますので、ご了承ください。
スマートフォンでも送信出来ます。

ミシマサイコの育成で一緒に楽しい汗を流してみませんか!
相模原市やその近郊にお住まいの方で
ミシマサイコの育成や普及活動に参加して頂ける会員を募集しています!
相模原柴胡の会への入会希望の申し込みは
「入会希望」ボタンをタップして、フォームに入力して送信をお願いします。
スマートフォンでも申し込みが出来ます。

ミシマサイコの啓発・普及活動にご協力頂ける企業様
相模原市古来の薬草植物であるミシマサイコの啓発・普及活動を社会的貢献活動や
環境保護活動の一環として、ご協力・支援して頂ける企業様を募集しています。
お問い合せは 「賛助会員」ボタン をタップして、フォームに入力して送信をお願い致します。
スマートフォンでも送信出来ます。

ミシマサイコ講習会 参加申し込み
現在、参加者募集している講習会はありません。
お申し込みは 「講習会参加」ボタン をタップして、フォームに入力して送信をお願い致します。
スマートフォンでも申し込みが出来ます。

このページのトップに戻る相模原柴胡の会 活動案内相模原柴胡の会 紹介
あなたは番目のビジターです
最終更新日 2022.11.15
「相模原柴胡の会」ホームページ委員会(委員長:若井義弘)
Copyright(C) 2019-2022 Sagamihara Saiko Association HP Committee All Rights Reserved